株式会社 アリタ興産           広島市のリフォーム・水まわり・新築のことなら | 株式会社 アリタ興産

 

HOME»  耐震診断

耐震診断

こんなお住まいは要注意

こんなお住まいは要注意

 

日本は地震大国。だからこそ建てるなら、地震や台風などの災害に強い家をとお考えのお客様が多いです。

地震は自然現象ですので起こることは避けられません。
お住まいはお客様にとって大切な資産です。その資産を守るためにも私達は家の耐震診断をおすすめしています。
以下のようなお住まいは要注意

▲1981年以前に建てられている
▲1階に壁が少ない
▲下屋根の大きい建物
▲軟弱な地盤
▲老朽化している

 

耐震診断について

耐震診断について

 

耐震診断とは建物の被害の可能性の大小を知ることをいいます。
一般的に木造住宅の耐震診断は、国土交通省監修・(財)日本建築防災協会のマニュアルに準じて、地盤・基礎の状態、壁の割合と配置、建物の形などが調査されます。

耐震診断には建物の構造の知識の深さとノウハウが求められる為、専門家に依頼することをおすすめします。

 

住まいの耐震年数について

住まいの耐震年数について

 

あなたのお住まいは今何歳でしょうか?
建築年数を確認することは住まいの強度を知るひとつの目安となります。
建築基準法の改正により、住まいが安全でより快適に暮らせるよう、「敷地」「構造」「設備」「用途」に関する基準を定めた法律が今日に至るまで大震災の教訓とともに何度か改正され義務付けられています。

1981年には「新耐震設計法」が盛り込まれ、住まいにかかわる地震力の算定法が変わり壁量は当初の約2倍に増えました。

これにより現在さらに地震に強い住まいづくりが義務付けられています。
もし、現在のお住まいが1981年6月以前に建てられたものであるのなら、耐震診断を受けることをおすすめします。

 

耐震強度を決めるポイント

耐震強度を決めるポイント

 

●地盤:建物の揺れは地盤の状態に大きく左右されます。
●重量:地震の揺れによる遠心力は建物の重量に比例します。
 重い建物はそれに応じた強度が必要です。
●壁:一番危険な横揺れを壁で支えるので、強度と量と適正な配置のバランスが必要です。
●床:水平構面である床の剛性が十分でないと、壁などにも影響があります。

 

誰でもできるわが家の耐震診断

「誰でもできるわが家の耐震診断」 (監修 国土交通省 編集財団法人日本建築防災協会)で、まずは御自身で簡単な耐震診断をされることをお勧めします。 そして、耐震性に問題がありそうだと感じられたらご相談ください。  

  誰でもできるわが家の耐震診断

財団法人日本建築防災協会の評価を取得した診断プログラムソフトを使って診断致します。

 

お問い合わせ

ご依頼・お見積り・ご質問